小児歯科|川口市伊刈で歯科をお探しの方はあきファミリー歯科まで

診療時間 日・祝
10:00~13:00
14:30~20:30
14:30~18:30 休診日:火曜
※最終受付は各時間の30分前です。
ご予約・お問い合わせはこちら
  • 電話
  • メニュー

お子様が、
「歯医者を嫌いにならない」ことを大切にしています。

小さなお子様は、歯医者がなにをするところなのかを深く理解していることは少なく、突然歯を削られた、痛い思いをしたということがトラウマになりやすいです。一度でもそういった経験をしてしまうと次の診療へはなかなか進めません。
きっとお母様・お父様も歯医者に連れていくことを大変なことに感じてしまうでしょう。
院長自身も3児の父であり、子どもへの対応は一筋縄にはいかないことを日々感じております。
ただ、子どもの気持ちに寄り添って声をかければ、素直に話を聞いてくれるということも学びました。
歯科医師として、お子様一人一人に合った診療をおこなうことをお約束いたしますので、初めての歯科医院選びにお悩みの方はぜひ当院までお越しください。

お子様への治療方法

  • STEP1
    まずは「話す」ことのみ
    行います

    イメージ画像

    歯医者さんでお口を開けられる・お口の中を見せられることを目標にしています。
    初めての診療では医院の雰囲気や医師に慣れてもらうためにスタッフとお話させていただきます。話す内容は「幼稚園・保育園はなに組なの?」「いつもなにして遊んでるの?」など、普段の生活についてが中心です。また、医師のみではなく女性スタッフともお話をする場面を設けることで、歯医者=楽しいところというイメージをもってもらえるように工夫しています。

  • STEP2
    歯科衛生士による
    クリーニング

    イメージ画像

    次に、治療に慣れてもらえるように、歯科衛生士による口腔内のクリーニングを受けていただきます。口腔内に器具がはいることや処置をすることに慣れれば、治療は怖くないものなんだと理解してもらえるはずです。

  • STEP3
    先生が治療を行います

    イメージ画像

    院内の雰囲気や治療に慣れた後に、医師による本格的な治療をおこないます。
    こちらも恐怖感を与えないように声をかけながら治療を進め、できるだけ痛みを感じさせないように治療をおこないます。小さな頃に受けた印象は、大人になっても残っているものです。歯医者は怖くない、痛くないと思っていただけるよう努力したいと思います。

当院の特徴

広々としたキッズスペース

イメージ画像

診療まで退屈せずにお待ちいただけるように、広々としたキッズスペースを設けております。男の子・女の子、年齢ごとに楽しめるおもちゃやテレビを用意しておりますので、楽しくお待ちいただくことが可能です。

ご褒美をご用意!

イメージ画像

頑張って診療を受けたお子様にはご褒美にガチャガチャのプレゼントをしています。「頑張ったらガチャガチャができる」「歯医者にいけば楽しいことがある」ということを理解していれば、診療に少し恐怖感を感じているお子様も最後まで頑張れるはずです。
お母様・お父様からも「頑張ったね」「えらかったね」など、お子様の頑張りを認める声をかけていただければ幸いです。

母子感染について

イメージ画像

お子様がむし歯・歯周病になる原因は「母子感染」がほとんどです。生まれたての赤ちゃんの口腔内には、むし歯菌・歯周病菌は存在していません。むし歯菌に初めて感染するのは、お母様・お父様のキスや食器を共有したこと、食べ物を噛み与えすることが主な原因とされています。お子様の歯や口腔内をむし歯・歯周病から守るためには、別の方法でスキンシップを取っていくことをおすすめしております。

なぜ小さい頃からのケアが大切なの?

イメージ画像

乳歯はむし歯になっても生え変わるから、このままでも大丈夫と考えている方がいますがそれは大きな間違いです。乳歯は永久歯を正しく生やす道標の役割を持ち、歯列・噛み合わせなどにも大きな影響を与えます。また、小さな頃から歯医者に通うことで診療に慣れていただくこともできます。正しい歯科の知識を小さな頃からつけることも、予防の一貫となるので、歯科医院へは歯が生えてきた生後6ヶ月頃から通っていただくのが望ましいです。

歯科医院で行うむし歯ケア

  • ブラッシング指導

    イメージ画像

    歯科衛生士がお子様の口内の構造や歯並びに合わせて、ブラッシングの指導をおこなっています。親御さんにも仕上げ磨きの方法を指導させていただきますので、親子で一緒に楽しく取り組みましょう。

  • フッ素塗布

    イメージ画像

    むし歯を予防するために、歯の表面にフッ素を塗布します。フッ素を塗布すると歯質は強化され、むし歯菌の働きも抑制することが可能です。

  • シーラント

    イメージ画像

    凸凹した形状で歯ブラシが届きにくい奥歯にあらかじめ「フタ」をしてしまう予防法です。食べカスや磨き残しを軽減することができますし、毎日のブラッシングも簡単になります。

ご家庭で行うむし歯ケア

食事、おやつの時間を決める

イメージ画像

食事・おやつの時間は同じ時間に定め、だらだらと食事をしないこともむし歯ケアに繋がります。だらだらと食事を取ると口内が常に酸性の状態で、むし歯菌が活動しやすいのです。食事は1日3回。おやつは年齢に合わせて1~2回、時間を決めて与えるようにしましょう。

糖分を控える

イメージ画像

むし歯菌が大好きな食べ物は「糖分」。甘いお菓子の食べカスは、むし歯菌を元気にさせてしまう可能性があります。おやつはできるだけ糖分を多く含んだものは避け、イモや栗、とうもろこしなどをおやつにすることが望ましいです。

食後のブラッシング

イメージ画像

食後の後はブラッシングを忘れずにおこないましょう。例え、糖分を多く含んでいない食べカスでも放置しておけば、むし歯菌のエサとなってしまいます。歯科衛生士のブラッシング指導を思い出しながら、丁寧にブラッシングをしましょう。